<   2008年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧
キモノの世界
今回の帰省の目的は、連休の結婚式x2。
先月から結婚式続きなのは、歳のせいか・季節のせいか・・・。
京都での結婚式にはキモノを着ていこう!と決めたのは、なんとなくこの頃「日本的なモノ」が気になるから。
e0156263_11492090.jpg

母が結婚式の後の挨拶回りに来たという嫁入り道具のこの小紋は、袖を通されるのは実に数十年ぶりというのに、古さを一向に感じさせないのがキモノのすごいところ。
100年は着ることができるというキモノ。もし将来ムスメが出来たなら、私もこのキモノを受け継いでいきたいものです。
着たときには必ず「着付けを習いたいなあ」と思うのだけど、日常的にキモノを着ないと忘れちゃうだろうなとしり込み中・・・。
e0156263_11535881.jpg

今回キモノに合わせたのは、ボストン時代にせっせとこさえたナンタケット・バスケット。
これは母にあげたものなのだけど、今回ちょっと拝借。
e0156263_11542248.jpg

工作が何よりニガテだった私が、晴れの日に持っていけるものを作れたなんて。。と感慨もひとしお。
もちろん、肝心のお式はどれも素敵なものでした。

ayako
by ayakophotolife | 2008-11-30 11:57 | Life
京都の秋
秋の紅葉第2弾は、ふるさと・京都にて。
京都で育ったけれど、高校や大学の頃は「紅葉を愛でる」なんてこと大してしなかったような気がするし、社会人時代は神戸に住んでいたから、こんな紅葉のベスト・シーズンに京都にいるのは本当に何年かぶりでした。
e0156263_15271797.jpg

観光客でごったがえす京都市内の有名寺社は避け、向かったのは実家のごく近所の粟生の光明寺。
e0156263_15283275.jpg

文字通り、紅葉=もみじが今が盛りとばかりに色づいています。
e0156263_15324182.jpg

紅葉の名所として、その昔JRの「そうだ、京都へ行こう」キャンペーンにも使われたというこのお寺は、紅葉のシーズンだけは観光バスが来るほどにぎわっているのだけど、その他のシーズンはびっくりするくらい閑散としています。
e0156263_153471.jpg


紅葉小ネタ集。
黄・緑・赤の三色もみじ。
本堂のお庭を愛でることの出来る縁側にて、最近前にも増して「たっち」が好きなユウキ、
〆は小倉山荘カフェの秋限定パフェ。ウマー。

e0156263_16121313.jpge0156263_16123254.jpge0156263_16124462.jpg















ふるさとでこんな秋が楽しめるなんて、シアワセなことです。

ayako
by ayakophotolife | 2008-11-27 16:13 | Travel
ご近所の秋
ユウキが生まれてから、以前と比べてかなり出不精になってしまったのだけど、それでもカメラを持って出かけてみる気になったのは、電車から見えた公園がここいらじゃめずらしくキレイに紅葉していたことと、その公園がうちから結構近そうだったから。

「平和」と名の付公園だけに、鳩と少女に始まり
e0156263_3335727.jpg

見事なイチョウの色づき・・・
e0156263_33529.jpg

イチョウパートの下で読書する若者やら・・・
e0156263_3368100.jpg

落葉した桜並木を歩くカップル・・・
e0156263_338797.jpg

落ち葉の数だけ冬が近づきます。
e0156263_3393061.jpg



そりゃボストンの秋ほどじゃないにしても、結構キレイで十分癒された、ご近所の秋。
京都の秋編へと続きます。

ayako
by ayakophotolife | 2008-11-24 03:43 | Life
ちいさなお客さま
最近友達になった、近隣に住むママさんたちが子連れで我が家に遊びに来てくれました!
月齢はみんなほぼ同じで、6-8月生まれのおチビさんたちです。
ユウキ(右)は眠すぎて、一人沈没してしまいました・・・
e0156263_18183285.jpg

まだまだみーんな寝んね状態で、チビッコ同士は何にもできない・・・のだけど、私自身が、こうして近くで子育てをしている人たちをつながっていられるというのが、何とも心強く助かっています。まだまだ疎いこの近隣の情報なんかも教えていただいたり。
遊びに来ていただいたママさん、ありがとうございました。
他のママさんもぜひ遊びに来て下さい☆

さあ、チビッコそれぞれの個性がもっとはっきりしてくるのはいつだろう?
みんなの成長が楽しみです。

ayako
by ayakophotolife | 2008-11-19 18:22 | Baby
手遊び
3ヵ月半を過ぎて、最近ユウキは「手」の動きが活発になってきました。いろんなものを、その小さな手で掴もうとします。
今までは「腕」の一部としての「手」だったのが、最近は「手」として機能しているみたいで、そんな人間的な成長にいちいち感動してます。

<タオル編>
うーん、この生地は、、
e0156263_19514658.jpg

綿100(%)やな!!
e0156263_19521673.jpg

あー、ねぶいわー。
e0156263_19524147.jpg

<哺乳瓶編>
哺乳瓶も持てるよ!(触ってるだけやけど)
e0156263_1953039.jpg

あー、美味しい☆
e0156263_19532013.jpg

気が散るから見んとって!
e0156263_19533927.jpg


と本人が言っているような気がしている、ハハです。

ayako
by ayakophotolife | 2008-11-17 19:53 | Baby
秋の箱根へ
先月の鬼怒川に引き続き、秋の温泉第二弾としてやって来たのは、関西人アコガレ?の温泉地、箱根。
e0156263_20215117.jpg

初めて訪れた箱根はすっかり秋色にそまり、うちからさして遠くないのにも関わらず「遠出した感」を演出してくれました。
今回は会社の先輩家族と一緒だったので、大人4名、子供3名の大所帯。家族連れにもいいよーと聞いたお宿は、たしかにコスト・パフォーマンスが高いお宿でした。


部屋は結構広いし、大浴場の前にはヤクルトのサービス☆
お部屋で抹茶も楽しめるし、温泉じゃないけど部屋に露天風呂もついているし。

e0156263_20221343.jpge0156263_20222716.jpg

















e0156263_20224982.jpge0156263_2023221.jpg
















天気がよかったので、朝風呂は部屋付き露天で。ユウキも楽しんでました!
たぶん・・・
頭頂部に朝日が差し込んで、ハゲてるおっさん風なのはご愛嬌。。
e0156263_20233440.jpg


箱根に美術館がたくさんあるのは、実は行ってから知ったのだけど、今回数ある中から私たちがチョイスしたのは「箱根彫刻の森美術館
箱根の山々を望む形で切り開かれた巨大な公園のあちこちにアートな展示物がいっぱい。
澄み切った秋の青空に向かって何やら叫ぶヒトや・・・
e0156263_2024228.jpg

カラフルな洋服を着た、周りの木よりもでっかい女のヒトや・・・
e0156263_20242491.jpg

地面にただ寝そべる「マイノリティ・レポート」の「プリコグ」のようなヒト・・・
e0156263_20244877.jpg


ボストン時代に所属していた「ボストン写真部」の部活動をするのにぴったりな、オブジェと景色が美しい、楽しい美術館でした!
一眼レフを持っていかなかったのが悔やまれる・・・

もちろん子供達より親達の方が楽しんでいたのは言うまでもありません。


ayako
by ayakophotolife | 2008-11-14 20:28 | Travel
ぐるぐる
ぐるぐる渦巻くロール・ケーキは、甘いものがそんなに好きじゃない私もお気に入りのお菓子の一つ。
e0156263_2151352.jpg
ボストンにいるときは、ヒマにかまけて、そして何より「ほどよい甘さのスイーツを食べるには、手作りより他なし」という状況に置かれ、よくロール・ケーキを作っていたのだけど、最近またはまりかけている。
e0156263_21301374.jpg

見た目がキュートさにひかれて、初めて作ったロール・ケーキは見事失敗。。。
お菓子作り初心者に、電動ハンドミキサーなしでしっかりとしたメレンゲを泡立てるのは至難の業で・・・・
初めて成功したロール・ケーキは、今から思えばこんな感じに「出し巻き卵」風でした(涙)
e0156263_21303238.jpg


一番うまく出来た?ロール・ケーキは、ボストンを発つ前に冷蔵庫に余っているものを整理するために作った「抹茶栗あずきロール・ケーキ」(長!)
少しだけ余っていた、アメリカでは貴重でちまちま使っていた抹茶パウダーに粒あん、まとめて作って冷凍していた(まま、放置されていた)栗の渋皮煮を刻んでいれたクリームがポイント!
今までたくさん作った結果、ロール・ケーキの生地はこのレシピが一番いい気がするので、ご参考までに☆
e0156263_2131011.jpg

今まで買ったロール・ケーキで一番印象に残っているのは、2年前会社の会議に差し入れに先輩が持ってきてくれた、兵庫・三田の「エスコヤマ」のロール・ケーキ。今や「エスコヤマ渋滞」ができるほどの人気だそうな。うん、確かに美味しかったなぁ・・・。
そして先日、ずーっと前から気になっていた、「エスコヤマ」並みに人気だという大阪の「モンシュシュ『堂島ロール』」とようやく手に入れることができました!なんと寒空の下、ロール・ケーキを求めて行列に並んでしまった。。。
気になるお味の方は、大量に入っているように見えるクリームもあっさりした味でなかなか美味しかったですぜ。
でも、これ、あんまり「ぐるぐる」してない見た目だから、ロール・ケーキっぽくないね。
e0156263_21322859.jpg

ちと、残念。

ayako
by ayakophotolife | 2008-11-10 21:32 | Foods
ツッパルことが・・・
ツッパルことがオトコのー
たった一つの勲章ー。

2ヶ月を過ぎたあたりから首がしっかりし始めて、足を突っ張り、立とうします。
早!
e0156263_2058473.jpg

もちろん、手を離したらぐらーっと倒れるけど
e0156263_20591362.jpg

それでも足の力は強い・強い。
同じ月齢の赤ちゃんと比べると、なんだか体がしっかりしている感じです。
もっと赤ちゃんのままで、ゆっくり成長してくれてもいいのだけど。
とはいっても、今のところはうつ伏せが一番好きみたいです。
e0156263_20594342.jpg

ayako
by ayakophotolife | 2008-11-08 21:08 | Baby
初秋の鬼怒川で
妊娠中から行きたくてたまらなかった、温泉。
オットの出張が栃木であるということで、急遽オンライン予約できる宿を探し、「出張ついでに」鬼怒川温泉まで足を延ばしてきました。

初秋の鬼怒川温泉。
東武に乗ってたどり着いた鬼怒川温泉は、廃旅館の姿もちらほら目立つさびれた感じの温泉街。メインの橋の上でも、誰ともすれ違わない・・・。一抹の不安・・・。
e0156263_20153682.jpg

e0156263_20163063.jpg駅から歩くこと10分。
たどり着いたお宿は、いい感じにじいさん・ばあさんでにぎわっておりました。
「貸し切り家族風呂」があるという理由で選んだこのお宿。
温泉を桶にくんで適温にして、ユウキをいれてやろうと思ったのだけど、脱衣場ですでに大泣き。








というわけで、部屋でおとなしく過ごすことに(残念)
でも、部屋も夫婦で交代で行ったお風呂もなかなかいい旅館でした。鬼怒川に行かれるのなら、ぜひご参考に。
e0156263_20165298.jpg


鬼怒川は深い緑色で、いまいちなお天気にも映える?渋い温泉街。
出張ついでのオットは温泉街に似合わないスーツ姿。
ちょっと切ない・・・
e0156263_2017986.jpg


家族で一緒に温泉を楽しめるのは、いつになることやら。
(乳児連れのおでかけに一眼レフを持っていけるのも・・・)

ayako
by ayakophotolife | 2008-11-06 23:22
たった3ヶ月・もう3ヶ月
2008年7月30日にボストンで生まれた長男ユウキ。
3ヶ月を過ぎて、すくすく・ぷくぷく成長中。
生まれたときは3345gだった体重も、6000gくらいまで増えました。
ベイビーシャワーでお友達からいただいたPottery barn Kidsの服もこの通り。
ぶかぶかだった太ももまわりも、むちむちに!

最近になって、ようやく生まれたときからの写真を整理する余裕ができて振り返ってみると、ほんとに生まれたときは壊れそうに小さかったんだなぁ。
あたふたしている間に、すぐに大きくなっちゃいそうだから、ちゃんと成長を記録していかなければ!


 e0156263_2029264.jpge0156263_20293991.jpg             生後2週間                            生後3ヶ月






















それにしても、子育てって思っていた以上に楽しい。
すぐに仕事に戻りたくなるくらい煮詰まっちゃうかな、と出産前は思っていたのだけど、今や復帰できるか若干心配です。


ayako
by ayakophotolife | 2008-11-05 20:22 | Baby