もてなしたくて
こちらに引っ越した直後から、帰国したこと・子供が生まれたことが重なったこともあって、たくさんのお客さまに遊びに来ていただきました。
9-10月は家が整っていなかったことに加えて、慣れない育児で家事も思うようにいかなかったから、お客さまにはランチやお茶の時間帯に来てもらうことがほとんどだったのだけど、最近になってようやく生活も落ち着き始めて、夜ご飯の時間に来てもらうことが可能に!
家に来てもらうからには、お酒を飲んだり(私はまだ飲めないけど)ご飯を食べたりしながらゆっくりしてもらうのがいいなーとずっと思っていたので、ようやく・・といったところ。
でも、もう昔のように好きなだけ時間をかけた料理、というのは難しそうです(そりゃそうか)おそらくこの先はもっともっと難しくなりそう。。
先日はボストン時代のお友達が二人、夜ご飯を食べに来てくれました。
前菜はリコッタチーズのカプレーゼ。
e0156263_23115421.jpg

リコッタチーズは牛乳とレモン汁、少量の塩から簡単に作ることが出来るし、はちみつや果物と合わせるとデザートにもなるので、チーズが冷蔵庫にないときにさっと作れる優れもの。
その他前菜代わりに旬のかぼちゃとさつまいもを使ったサラダと生ハムのサラダはごく簡単に作れるもの。
テーブルセッティングは秋冬っぽく暖色系で。
e0156263_2312152.jpge0156263_23123073.jpge0156263_23124657.jpg
















メインは真鯛のアクア・パッツア。
にんにくを炒めたオリーブオイルで鯛を焼いて、ひたひたの水とあさりを入れてコトコト煮込むイタリアの魚料理で、いい鯛とあさりを使えばあまり失敗のない一品。
e0156263_2313845.jpg

パンとデザートまではさすがに手が出ず、お友達が持ってきてくれた美味しいものをいただきました。
デザートはTOSHI YOROIZUKAのケーキ。
e0156263_23134636.jpg

カリスマ・パティシェのケーキは、ぜーったいにアメリカで食べることが出来なかった「繊細な」見た目&お味でアメリカンなおやつに慣れていた一同大感激でした。


時間を忘れておしゃべり&思い出話に花咲かせてしまい、危うくゲスト達の乗る終電を逃してしまうところでした
、危ない・危ない・・・。
育児休暇が終わる前に・・・みなさまのお越しをお待ちしてます☆

ayako
by ayakophotolife | 2008-12-09 23:14 | Foods
<< Sit up!? 4ヶ月 >>