新年のチカイ2010
遅ればせながら、、、新年明けましておめでとうございます。
年末年始はオットの実家にて家族でべったりと5日間余りを過ごし、たくさんの大人に囲まれてユウキの言葉がぐっと増え、会話がなんとなーく成り立った楽しい正月休みでした。
e0156263_23525566.jpg

さて、毎年立てている新年のチカイ。
昨年は「多足歩行」としたのですが、無事1歳を迎える前の7月にユウキは歩き始め、私もほぼ時を同じくして3年ぶりの会社復帰をし、周りに助けられながら(ありがとう!)なんとか歩くことができました。

そして、今年。
今年はどうありたいのかなぁ・・・と思いを巡らせ、ようやく決めたのが 「水平思考」=既成概念にとらわれることなく、自由な角度から考えをめぐらせること。

昨年久しぶりに会社に復帰して「働くハハ」という初めてのことを、新しい職場(立地)で始めて、改めて感じたのは会社・社会というところは「既成概念=◎◎はXXであるべき」で満ちているということ。
そして特に「働くハハ」にとって、まだまだ社会が持つその「既成概念」なるものは、しばしばキビシイ風あたりになるということ。
そして、その中で私自身もそんな「既成概念」に縛られて、苦しい想いをしたことも度々ありました。

「え?残業できないの?するでしょ、みんなてんてこまいなんだから」
「え?出張できないの?するでしょ、これかなり重要なんだけど?!」
「あの人には無理かな、だって・・・子供いるから早く帰るでしょ」


口に出して面と向かって言われなくても、そんな風に思われているのじゃないか?
私が子供を産む前ならそう思っていなかったか?
など考え出してしまい、しゃかりきに働いたことも。
その度に私は「働くハハ」としてやっていけるのだろうか?と立ち止ったこともありました。

オットは元よりの働きマンで、夫婦二人が仕事モード全開!となると、なかなか家庭のバランスがとれず、子供を犠牲にもしかねない。
もっとユウキの成長を楽しみたいし、家族が快適に過ごせるような場所を作れるハハにもなりたい、そんな風に思い、働き方をシフトするためにまずは自分自身の考え方のシフトをしていこう!と。既成概念にとらわれず、もっと自由に自分の視点を持つ努力をしようということでこのチカイとなりました。

もっとも、権利ばっかり主張して実が伴わないとなると本末転倒なので、しっかり結果を残しつつ、どう働いていくのか、なかなか大きな立ち向かっていかねばならない課題であります。
e0156263_23534389.jpg

そんな母のチカイなどつゆ知らず、今日から元気に託児所に登園です。元気があれば何でもできる!?
e0156263_2354099.jpg

今年もみなさんが健やかに過ごせますように。

ayako
by ayakophotolife | 2010-01-05 23:54 | Life
<< 初雪山 こどもクリスマス’09 >>